3つの基準って何?

「基準」により慰謝料等が異なります。

損害賠償額の算出は、事故の態様、被害者の年齢、性別、職業、収入、その他個々の事情により大きく異なるため、ときに複雑になり困難を極めます。そこで損害額の算出には自賠責保険、任意保険、裁判所(弁護士会)で、それぞれ基準を設けています。

3つの基準

3つの基準を金額順に並べると下のようになります。

自賠責基準 < 任意基準 < 裁判基準

 

自賠責基準 自賠責の支払基準がこれにあたります。
任意基準 任意保険会社の支払基準です。一般に公開されているものはありませんが、人身傷害補償約款の基準がそれに近いとされています。
裁判基準
(弁護士会基準)
弁護士会が過去の判例を参考に算定した基準です。日弁連交通事故相談センター東京支部が作成する損害賠償額算定基準(通称:赤い本)、日弁連交通事故相談センターが作成する損害賠償額算定基準(通称:青い本)に掲載されている内容がこれにあたります。
弁護士会基準、赤本基準、青本基準(地裁基準)などとも呼ばれています。

任意保険会社の提示

示談交渉の際に保険会社が提示してくる慰謝料は、裁判基準での金額より非常に低い金額であることが多いです。
被害者様ご自身が裁判基準での金額を請求し、保険会社が増額を認めればいいのですが、拒絶される場合の方が多いです。

一方、弁護士がお手伝いすることにより、下例のように慰謝料などが増額される可能性があります。

大腿骨骨折等で2ヶ月入院、以後6ヶ月通院、股関節機能障害により後遺障害等級10級11号が認定された例

保険会社の提示 弁護士を活用した場合
  • 傷害慰謝料(入通院慰謝料)102万円
  • 後遺症(後遺障害)慰謝料200万円
  • 傷害慰謝料(入通院慰謝料)181万円
  • 後遺症(後遺障害)慰謝料550万円

一家の支柱である父親が死亡した例

保険会社の提示 弁護士を活用した場合
  • 死亡慰謝料2000万円
  • 死亡慰謝料2800万円

仮に弁護士費用が掛かっても、それ以上に増額する可能性はありますので、まずはお気軽にご相談ください。


交通事故損害賠償請求の流れは状況により異なります。

傷害(ケガ)・後遺障害の場合死亡の場合


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.