口の後遺障害等級表

口の後遺障害は〔そしゃくおよび言語の機能障害〕と〔歯牙の障害〕に分かれています。

そしゃくおよび言語の機能障害 1級2号 そしゃくおよび言語の機能を廃したもの
3級2号 そしゃくまたは言語の機能を廃したもの
4級2号 そしゃくおよび言語の機能に著しい障害を残すもの
6級2号 そしゃくまたは言語の機能に著しい障害を残すもの
9級6号 そしゃくおよび言語の機能に障害を残すもの
10級3号 そしゃくまたは言語の機能に障害を残すもの
歯牙の障害 10級4号 14歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
11級4号 10歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
12級3号 7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
13級5号 5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
14級2号 3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの

準用

味覚脱失

頭部外傷その他顎周囲組織の損傷および下の損傷によって生じた味覚脱失については12級を準用します。

味覚減退

頭部外傷その他顎周囲組織の損傷および下の損傷によって生じた味覚減退については14級を準用します。

著しいかすれ声

声帯麻痺による著しいかすれ声については、12級を準用します。

そしゃくに相当時間を要する場合

開口障害等を原因としてそしゃくに相当時間を要する場合は12級を準用します。



初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.