胸腹部臓器の後遺障害等級表

胸腹部臓器の後遺障害等級表は次の通りです。

胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 介護1級2号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時に介護を要するもの 介護2級2号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 第3級4号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 第5級3号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 第7級5号
両側のこう丸を失ったもの 第7級13号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 第9級11号
生殖器に著しい障害を残すもの 第9級16号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの 第11級10号
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの 第13級11号

初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.