耳(内耳等及び耳介)の後遺障害等級表

耳の後遺障害は〔聴力障害〕〔耳漏〕〔耳鳴り〕〔耳介の欠損〕に分かれています。

聴力障害

聴力障害の等級は、純音による聴力レベル(純音聴力レベル)と語音による聴力検査結果(明瞭度)を基礎として認定されます。

  • 聴力検査は日を変えて3回行います。ただし、語音による聴力検査は検査結果が適正と判断される場合、1回で差し支えありません。
  • 検査と検査の間は7日程度あけます。
  • 等級認定は2回目と3回目の測定値の平均純音レベルの平均によって行います。
    (2回目と3回目の測定値の平均純音聴力レベルに10dB以上の差がある場合には、さらに聴力検査を重ね、2回目以降の検査の中でその差が最も小さい2つの平均純音聴力レベルの平均(差は10dB未満)により行います。)
  • 平均純音聴力レベルは周波数がA500ヘルツ、B1,000ヘルツ、C2,000ヘルツ、D4,00ヘルツの音に対する聴力レベルを測定し、(A+2B+2C+D)÷6で求めます。(6分式)

両耳の聴力

4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの
7級2号 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの
9級7号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの
10級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの
  • 両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの
11級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

  • 両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上のもの

両耳の聴力
両耳の聴力
労災補償障害認定必携より

一耳の聴力

9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満のもの
11級5号 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満のもの
  • 1耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの
14級3号 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

  • 1耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満のもの

耳漏

12級 常時耳漏があるもの
14級 その他のもの

耳鳴り

12級 耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できるもの
14級 難聴に伴い常時耳鳴りのあることが合理的に説明できるもの

耳介の欠損

12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの

  • 耳介の軟骨部の1/2以上を欠損したもの

※耳介の欠損障害については、耳介の欠損障害としてとらえた場合の等級と醜状障害としてとらえた場合の等級のうち、いずれか上位の等級が認定されます。


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.