請求できる損害の費目(傷害・後遺障害)

交通事故により傷害(ケガ)を負い、後遺症が残ってしまった場合の一般的な損害賠償請求の流れは次の通りです。

1.治療

加害者が任意保険(共済)入っていれば、被害者様の過失割合が大きい等の場合を除いて、加害者の任意保険会社が治療費を直接医療機関に支払うケースがほとんどです。その場合、実際にやり取りする相手は加害者側の任意保険会社等になります。

2.症状固定(もしくは治療終了)

交通事故から一定期間が経過し、治療をするとそのときは症状が軽くなるものの長い目で見るとほとんど改善が見られない状態や治療の効果が見られなくなった状態を「症状固定」といいます。

>>症状固定とは?

3.後遺障害等級の認定手続き

症状固定後残ってしまった後遺症が、自賠責保険上の後遺障害等級に該当すると認定された場合、治療費や休業損害等の傷害部分とは別に後遺障害として損害賠償請求の対象となります。
なお、自賠責保険上の後遺障害の等級認定を受けるには事前認定と被害者請求という2つの方法があります。

>>後遺障害とは?
>>等級認定とは?

4.示談交渉

治療が終了し、(後遺症が残った場合には)後遺障害等級が確定した時点で、保険会社から損害賠償額の提示を受けます。その提示をスタートとして交渉が始まります。

>>示談交渉にあたって

4.解決

保険会社の提示してきた金額に納得できれば、示談成立となります。
保険会社と交渉しても納得に至らなかった場合には、訴訟や調停、斡旋機関による示談斡旋などの方法もありますが、まずは弁護士にご相談いただくことをお勧めします。


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.