症状固定とは?

症状固定とは?

事故で負った傷害のうち、「症状固定」後に残ってしまった「後遺症」は後遺障害等級認定を受けることにより「後遺障害」として、傷害部分とは別に損害賠償の対象となります。では、「症状固定」とは何でしょうか?

症状固定は、医学面と、損害賠償面の二側面から説明することができます。

医学的な意味の「症状固定」

治療を続けても大幅な改善が見込めず、長いスパンでみると回復・憎悪がなくなった段階を症状固定と言います。例えば、病院で投薬やリハビリを受けると少しよくなるけれど、少し経つとまた戻り、月単位で見ると改善されていない、という一進一退の状態のことです。

損害賠償上の「症状固定」

医学的には大幅な改善が見込めないのであれば、いたずらにいつまでも治療費を加害者側に負担させるのではなく、治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」として損害賠償の対象とし、問題を早期に解決しましょうという、損害賠償上の都合によるしくみでもあります。

症状固定までは「傷害部分」

医師から症状固定の診断を受ける前は、実務上「傷害部分」と呼ばれています。「傷害部分」として、治療費や休業損害、入通院慰謝料などが請求できます。
>>請求できる費目(傷害)

症状固定後は「後遺障害部分」

症状固定の診断を受け、後遺障害等級が認定されれば「後遺障害部分」として、逸失利益や後遺障害慰謝料を請求できます。一方、「傷害部分」と同じように治療費や休業損害を請求することはできなくなります。つまり、「症状固定」とは損害賠償実務上、「傷害部分」の終わりを意味しています。
>>請求できる費目(後遺障害)

※自賠責保険上の後遺障害等級認定が認定されなくても、裁判で後遺障害としての賠償が認められた例はあります

誰が「症状固定」を決めるのか?

では、「症状固定」という重要なポイントを決めるのは誰なのでしょうか?
保険会社から「そろそろ症状固定してください」と言われ後遺障害診断書が送られてきたり、突然に治療費一括払いが打ち切られるケースがありますが、必ずしも、

治療費一括払いの打ち切り = 症状固定

ではありません。
本来は、医学的な意味での症状固定は経過を診てきた医師が診断することであり、そのタイミングは被害者自身と症状経過を見てきた医師とが一緒に決めるべきことです。
では、症状固定した後はどのようにして、いわゆる「後遺障害部分」の損害賠償請求をすればいいのでしょうか?
適正な後遺障害等級認定を受けることで道は拓かれていきます。


>>等級認定とは?


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.