頚椎捻挫で非該当から14級9号の事例

〔会社員、50歳男性、D様の場合〕

事前認定で後遺障害等級が認定されず(非該当)、弁護士による異議申し立てにより後遺障害等級が認定され、最終的には当初の相手方任意保険会社提示金額の約3.5倍で解決した事例です。

信号のない交差点で出会い頭の衝突。直後より頚部痛があり、頚椎捻挫との診断。

相手方任意保険会社の治療費一括払いで通院。

事故から半年で相手方任意保険会社から症状固定と言われ、事前認定を受けるも非該当。
相手方任意保険会社から提示を受けるも納得がいかず、自身の車の弁護士費用特約を使い、弁護士に相談。
弁護士が受任し、後遺障害専門スタッフとともに提出医証(※)の精査・検討。
自賠責保険への被害者請求手続きで異議申し立て。
異議申し立てが認められ、14級9号が認定された。
弁護士が交渉し、相手方任意保険会社が当初提示した金額の約3.5倍で早期に解決。
※上記はあくまでも過去の事例です。
※ご相談の上、それぞれの状況に合わせて解決方法をご提案します。
※医証:診断書等の医学的証拠資料のこと。


弁護士がポイントを押さえて、異議申し立てをすることで後遺障害等級が認定されるケースも少なくありません。明らかに後遺症が残っているのに事前認定の結果が「非該当」だったという方は、諦める前に弁護士にご相談ください。


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故示談は弁護士に相談 All Rights Reserved.