交通事故損害賠償請求の流れ(死亡)

交通事故により被害者様がお亡くなりになった場合の一般的な損害賠償請求の流れは次の通りです。

1.相手方保険会社からの提示

相手方が任意保険会社に加入している場合は、相手方任意保険会社から損害賠償額の提示があります。四十九日を待って提示されることが多いです。
相手方任意保険会社と示談交渉をする前に、自賠責保険分(限度額3,000万円)を被害者請求で取得する場合もあります。また刑事記録の取得を待って交渉を開始する方が望ましい場合もあります。

2.示談交渉

相手方任意保険会社の提示をスタートとして交渉が始まりますが、最低限の金額が提示されることがほとんどです。相手方は弁護士が代理することで、慰謝料等が増額する場合があります。相手方との直接交渉の他に、調停やADR機関を利用する方法もあります。

3.示談成立

保険会社の提示してきた金額に納得できれば、示談成立となりますが、交渉が難航し、訴訟を提起せざるを得ない場合もあります。
どのような方法で請求していくかも含め、まずは弁護士にご相談いただくことをお勧めします。


>>示談交渉にあたって


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日10:00から18:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故の示談に強い東京の弁護士 – たちかわ共同法律事務所 All Rights Reserved.