保険会社の提示額の約2.5倍の金額で和解した事例

弁護士に依頼し、相手方保険会社の提示額の約2.5倍の金額で和解した事例です。
(主婦、60代、A様)

解決までの流れ

自転車で横断歩道を横断中、直進してきた自動車に出合頭で衝突され、急性硬膜下血腫、多発性脳挫傷等の受傷。
相手方任意保険会社の治療費一括払いで約半年にわたり入通院
症状固定後、事前認定で高次脳機能障害、5級2号
相手方任意保険会社から損害賠償額の提示が届き、弁護士に相談
調査の結果、現在の症状からすると、さらに上の等級の獲得可能性が低く、訴訟等になると、逆に後遺障害等級を争われ、損害賠償額が減額される可能性があることが明らかになった。
 訴訟ではなく相手方保険会社と交渉をすることとし、慰謝料や逸失利益等の増額に成功。当初1700万円の提示であったが、4300万円で解決した。
※上記はあくまでも過去の事例です。
※ご相談の上、それぞれの状況に合わせて解決方法をご提案します。


医師は多忙などの理由から、後遺障害診断書の作成に積極的でなく、適正な等級が認定されるためには記載されていなければならない事項が漏れていることがあります。
後遺障害等級認定の手続きに入る前に専門の弁護士にご相談されることをお勧めします。


初回相談無料

初回の相談は、相談フォームからのメール、お電話、ともに無料にて承っております。
ご都合のよろしい連絡方法で、お気軽にお問合わせください。(電話受付は平日9:00から19:00まで)

無料メールフォーム電話相談
Copyright(c) 2011- 交通事故の示談に強い東京の弁護士 – たちかわ共同法律事務所 All Rights Reserved.